ニュースセンター

現在の位置です:トップページ > 企業情報 > ニュースセンター

27

2019-08

“三足鼎立”のシステム化 いつもと違うToFセンサー

2377

iPhone Xがデプスカメラマーケットを広げた後、立体照明、双眼鏡、ToFの人気が急速に高まり、それらの間の競争も非常に激しくなった。主流の携帯メーカーの中でHUAWEIは躊躇なくToFを選び、立体照明技術について常に積極的だったApple社もToF業界に進出した。携帯電話のマーケットにおける膨大な「量」は、ToF業界とサプライチェーンの急速な発展を促し、人々の目に飛び込んできた

一般にはToFが新しい3Dビジョンテクノロジーだが、その技術は業界の中ではとっくにあった。たとえば、シングルポイントおよびエリアアレイテクノロジーには、STamsSonyPanasonicSamsungInfineonのような大手企業が手出ししているけれども、半導体業界の国内メーカーのほとんどがそれを深く研究していない。

国際的な半導体大手の技術と市場を熟知、リュウ・ヨウ氏はToF技術に貴重な経験を蓄積があるだけでなく、独自のアイデアも持っている 2017年、業界開発のタイミングを掴め、リュウ・ヨウ氏はToFの開発の夢を持つパートナーと共に上海に戻り、OPNOUS社を設立した。

 

 

 

2年以上を経て、OPNOUS社は業界からすぐに目立った。 どうやってそこに辿り着くことができたのかと尋ねられたと、リュウ・ヨウ氏は「天時、地人和」と笑顔で答えてくれた

 

3Dビジョン産業チェーンのメンバーとして、この分野のほとんどの国内企業と同様に、OPNOUSの成長と拡大はこの産業の発展から切り離すことはできない。これはリュウ・ヨウ氏が言った天時」である

3Dビジョンは、Microsoft KinectIntel RealSenseなどの消費者向け製品に初めて登場した。近年、ハードウェアの技術、アルゴリズム、ソフトウェアの開発により、精度と実用性が大幅に向上した 3D深度カメラ+ジェスチャー/顔認識」は大量に端末への進出の基礎となっているため、構造化された照明技術を大規模採用したApple社は3Dビジョン市場を完全に活性化し、新しい時代を開いた。

Apple社が先に進んでくれて、スマートフォンの普及は徐々に3Dビジョン企業が無視できない市場に発展してきたため我々もより多くの注目を注いでいます。 産業チェーンの最適化と開発を促進するために、産業のあらゆる側面が刺激されました。」

スマートフォン市場の発展により、3Dビジョンの発展は徐々に顔認識関連アプリケーション、パンロボットアプリケーション、インテリジェントセキュリティ、アシストドライビング、AR / VRなどのアプリケーションに浸透している。人工知能にて重要な3Dビジョン分野はまだそこまで重視されず、 3Dビジョン産業チェーンもまだ未熟で開発の初期段階にあることを認識されている。

2018年後半から3Dビジョンテクノロジーについて「ToFはテクノロジーダークホースです」という議論がさまざまな場所に現れ始めた。

全体として3Dビジョンを見ると、3次元空間距離に基づいて開発されたイメージングテクノロジーであるため、その基本機能は範囲内にあり、実際には3Dビジョンテクノロジーに基づくソリューションはそれなしではできません。技術的な原理が異なるため、3つの技術は独自の特徴があります。

 

 


 

パッシブ構造化ライトおよび双眼テクノロジーと比較すると、比較的遅いものの、ToFは、構造化ライトからライダーまでの距離をカバーし、近距離から遠距離までの広範囲のアプリケーションを提供します。 非常に柔軟性が高く、急速に変化する/動くオブジェクトをキャプチャしながら、ToFテクノロジーの適応性も向上する。 また、全体的なパフォーマンスが優れているため、業界の多くのメーカー(HuaweiSamsungなど)にとっても楽観的に見られ、アプリケーション側でToF業界全体が顕著に発展し、「地」の利点が見られている

「有名なメーカーは大半コアセンサー部分のみ焦点を当てており、OPNOUS社はシステム重視の方向性を揺るぎなくフォローすることを目的としている例えば写真を撮るときにばく露オーバーまたはばく露アンダーが発生することがあるのが、これらを解決するために、従来のカメラが提供するオプションはシャッターと絞りを調整することだ。 ただしToFテクノロジを使用する場合、3番目のソリューションである調光を使用するとより柔軟になり、ソリューション全体の可能性が広がる。発光モジュール内にパターンを作成し、光を使用できる。 コード変調やその他のスキームは空間領域だけでなく時間領域からも処理できる

システムの観点から見ると、OPNOUS社は完全なソリューション機能を備えているだけでなく、掘り続ける過程で技術では解決できない多くの問題に対して実行可能なソリューションを提供し、革新をしていく

リュウ・ヨウ氏は、3つのモジュールは異なる技術分野に属し、国境を越えていることを付け加えて「人和」になりOPNOUS社はシステム開発を実現できる

天时地利、人和、及資本と産業のエスコートの下で、OPNOUS社は徐々にToF分野で国際的な業界仲間と一緒に市場を拡大し、イノベーションを加速できる最先端のプレーヤーに成長しました。

OPNOUSが設立して2年にわたって、15年以上のエンジニアリング開発経験を持つチームですが、更に製品を磨き、改善を続け、学び、成長し続けないと行けないです。

テクノロジーに夢中になり、外の世界に影響されることなく製品に飛び込むことで、OPNOUS社がToFを選んだと言うよりも、ToF業界はOPNOUS社を選んだ。


上海炬佑智能科技有限公司

OPNOUS(オプナス)、スマートセンシングとAI技術開発企業として、中国、日本、米国で製品開発と販売拠点を設けております。TOF 3DセンシングICや3Dイメージングとモデリングのためのシステム、ARVR、スマート顔認識、ジェスチャー認識、歩行認識など、スマートセンシングと........

   沪ICP备18033690号-1©Copyright 上海炬佑智能科技有限公司 .All Rights Reserved.