ニュースセンター

現在の位置です:トップページ > 企業情報 > ニュースセンター

28

2019-08

第25回「微信大義」セミナー ライダーの技術と応用

3772



科学技術の継続的な発展により、モノのインターネットとインターネットは私たちの現実の生活に不可欠な部分になり、飛行時間(ToF)センサーはIoTを実装するための重要な技術の1つ。 セキュリティ、スマートリテール、スマートヘルスケア、スマート農業、その他の分野はすべて大きな役割を果たしている

20181221日、第25回「微信大義」ゼミナーでOPNOUSCEOであるリュウ・ヨウ氏は、ToFセンサーがどのように達成できるかを説明し、 3D知覚「飛行」4D知覚を分析した。

 

 

 

 

ToFセンサーはIoTのあらゆる領域にある

長い間、IoTは未解決の状態にあり、近年、さまざまなIoTアプリケーションが普及が始めたことを嬉しく思うことである。また、ToFセンサーに基づく3Dセンシング技術もIoTアプリケーションの分野で新しい章を開いた

スピーチの冒頭で、リュウ・ヨウ氏はToFセンサーがどのようにIoTアプリケーションを可能にするかを皆に説明した。「AR / VRメガネは深度および方向情報認識に使用されます。3D顔認識もToFソリューションの到来を告げるものです。掃除するロボットは、従来の単一ラインの機械スキャンLIDARからToF LIDARレンジに切り替えました。スマートホーム、スマートセキュリティ、スマートリテールの分野では、ToFセンサーを使用して人体を識別および追跡し、人間の生活のあらゆる側面をスマートにします。自動運転/車載センシング/モニタリング/ AGVの分野では、ToFセンサーは車載ライダー、車載ボディ認識、車載ジェスチャー認識の重要なコンポーネントです。農業や畜産でも、ToFセンサーは家畜の測定と監視にも使用できます。将来、ToFセンサーは3Dセンシングを超えて、人間の生理学的指標や物体の速度などの情報を測定し、4Dセンシングに移行します。

20171設立以来、OPNOUS3D ToFセンサーアプリケーションの到来に十分な準備を行うことを目指して、複数の側面からレイアウトを作成し始めた。 リュウ・ヨウ氏は、インフラストラクチャ、特許、製品およびモジュールの開発、アルゴリズム開発などのさまざまな側面から、OPNOUSの成果を詳細に紹介しました。

1OPNOUSは、研究所と開発評価センターの設立と改善のために多くのリソースを投資しており、2つのフルシステム研究所が完成し、数千平方メートルの評価センターがまもなく建設される。

2)センサー、データ処理、照明制御、センサー統合の4つの次元からインテリジェントな3Dセンシングシステムを構築する。

3)特許の大規模な出願が開始されており、現在出願されている特許の数は70を超えており、将来の目標は毎年2倍になること。

4)ソフトウェアおよびハードウェア製品に関して、OPNOUSはセンサー、IC、およびアルゴリズムを包括的に配置し、100 x 10100 x 100240 x 100240 x 200320 x 240などの解像度を持つ850nmおよび940nmを含むシリーズ

 

を開発しました ToFセンサーチップは、VGAおよびメガピクセル製品を発売し、インテリジェント3D制御チップとインテリジェント発光チップも開発する

 

5)インテリジェント3D制御チップは、基本的な深度処理と複数のダイナミックセンシングアルゴリズムを統合し、適応学習型人工知能アーキテクチャなどの高度なアルゴリズムを備えている。インテリジェントな発光チップには、効率的な発光ドライブ、光制御、光保護、 ToFセンサーと制御チップを有機的に組み合わせた制御システムである。

最後に、リュウ・ヨウ氏は次のように述べている 「業界チェーンの上から下の企業と深く協力して、ToFセンシング技術の開発を共同で推進していきましょう!」


上海炬佑智能科技有限公司

OPNOUS(オプナス)、スマートセンシングとAI技術開発企業として、中国、日本、米国で製品開発と販売拠点を設けております。TOF 3DセンシングICや3Dイメージングとモデリングのためのシステム、ARVR、スマート顔認識、ジェスチャー認識、歩行認識など、スマートセンシングと........

   沪ICP备18033690号-1©Copyright 上海炬佑智能科技有限公司 .All Rights Reserved.